地元の花火。

田舎だからすごく近くで容易に見れて良い。 素晴らしかった。

勢い。

家の隅に自生した夏ミカンの木が1本、大きく成長して毎年良く実を付けるけど、今年は平年以上にたわわに実を付けていた。 採るのはまだまだ先だけど、このままで良いのか不明。 あと藤蔦ヤバイ。次に帰るときには何とかしなきゃ、乗っとる気満々すぎて怖い。…

灯台。

高校生の時に良く来ていた。 この灯台の前はほぼ180度太平洋が見える。 ここは他の観光地にあったら名所になってても良いくらい良い所なのに、宣伝下手で他に特に何もないこの地では大抵閑散としてる。だからよく来たとも言えるけど。 茨城には良くも悪くも…

夏休みの始まり。

仕事終わりにそのまま先輩のお店で、素晴らしいお刺身盛りとブロックベーコンとポテトサラダ、マリンちゃん、ユルくて良い感じのセッション、オーティス。 お店はフードメニューは無いけど、お任せのお料理は全部美味しくて、マリンちゃんは抜群に可愛くて大…

違和感。

瞑想に興味を持ったからなのかもしれないけど、世の中にスピリチュアルなものが溢れすぎなんじゃないかと。 オカルトも都市伝説も手品も好きだけど、スピリチュアルなものって新興宗教とかマルチと同じような違和感と抵抗感を感じます。正しいとか正しくない…

ラプソディ・イン・ブルー!

指揮=ルドヴィク・モルロー×ピアノ小曽根 真×読売日本交響楽団@東京芸術劇場コンサートホールに行ってきました。 ガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」がやっぱり素晴らしくって、スケジュールにちょっと無理があったけど台風の中頑張って行って良かっ…

映画のカクテル。

都内にある映画のイメージのカクテルを作ってくれるバーに行ってみたい気はするのだけど、接客に難があるらしい。 先日都内の某ぼったくり居酒屋の口コミを見つけたので興味本意で読んだらそれだけでも結構気分が悪かったけど、それを上回る、「見たことも無…

デニス・テン選手が。

カザフスタンのフィギアスケート選手、デニス・テンが強盗に襲われてお亡くなりになったそう。 デニス・テンというと、初めてのバンクーバー・オリンピックのショートプログラムが素晴らしかったことと、フリー演技の時、小塚選手が自分の演技の後に滑るデニ…

「フジコ・ヘミングの時間」

「フジコ・ヘミングの時間」見てきました。 『人生とは時間をかけて私を愛する旅』 どれだけ絶望しどん底をさ迷ったかはかり知れませんが、その言葉通り、人生を諦めずに歩んできたから今のフジコ・ヘミングのピアノの音色や生活があるんですね。ピアノ、風…

サイレント映画ライブ「第七天国」

活動弁士&生演奏付サイレント映画ライブ「第七天国」@調布市グリーンホールに行って来ました。 誘われるまま何の予備知識も持たずに見たので、こんなに色んな要素の詰まった甘い甘い純愛映画だったとは知らず。 泣きました。 以外あらすじ完全ネタバレです。…

ミラクルエッシャー展。

先日、ミラクルエッシャー展@上野の森美術館に行って来ました。 メタモルフォーゼIIとだまし絵はずっと見ていられる面白さでした。 多色刷りの版木は、凄すぎて震えました。 空間把握能力と数学的緻密さ、想像力、創造力。 でんぐりでんぐり可愛いかもしれな…

3ヶ月振り。

3ヶ月振りのシャンシャン! また木の上で寝てました。安定してる(笑) 顔見たかったなあ。でも可愛かった。 お父さんは寝ながら。 お母さんは座ってお食事中でした。

「LUCKY」@下高井戸シネマ。

やっと見に行きました、「LUCKY」。 ハリー・ディーン・スタントンの遺作となった本作、こんな遺言のような、彼自身のような、等身大の映画が最後の主演作品になるなんて、その事が本当にまるで映画のようです。 「HARRY DEAN STANTON 『IS』 LUCKY」です。 …

「昼顔」映画版。

「昼顔」映画版の録画を見ました。 紗和と北野先生、どうしたってハッピーエンドにさせるわけにいかなかったんだろうなあ。 上戸彩可愛かったなあ。 まさかのエンディングで可哀想だった。あんなん無理心中の失敗で殺人やん。乃里子生き延びる生命力、すごい…

「君は海を見たか」(1982年版)

CS 日本映画専門チャンネルで、1982年のドラマ「君は海を見たか」が放送されています。 「北の国から」と同じ、倉本聰脚本、杉田成道、山田良明演出によるドラマ。 今までに3回ドラマ化されており、1982年版は3回目の作品です。 主演は萩原健一。 一人息子が…

チョコミント味。

巷で流行ってるらしい。 前は結構チョコミント味のアイスクリームとか選んで食べてた気がする。見かけるけど、好きだけど、考えてみたら最近食べてない。 ところでアフターエイトが好き、と山田詠美さんの昔のエッセイに書いてあって当時カッコイイと思った…

瞑想再び。

声の瞑想、また行ってみました。 今回は前回よりも何だか浅かったかも。 それから、今回は一人ずつ感想を言う時間があって、泣いてる人とか深い所に行った時の話をしている人とかもいて、凄いなー、とは思うんだけど、あんまりスピリチュアルな方向に行っち…

小松左京。

有楽町の交通会館を歩いてたら、小松左京の書いた漫画が展示されてて、小説家になる前は漫画家だった、と書かれていた。 知らなかった!! それからこんな本も出してた。面白そう!小松左京の猫理想郷(ネコトピア)作者: 小松左京出版社/メーカー: 竹書房発売…

瞑想体験。

少し前ですが、声の瞑想というものを体験してきました。 先生の声と鐘の音に誘われて、地球や宇宙と強いエネルギーで繋がっていると想像し、イメージを深めて思うままに声を発し、周囲と共鳴していく。 何だか余計なことを色々考えつつも、結果的には30分位…

諸星大二郎 原画展@スパンアートギャラリー

諸星大二郎 原画展@スパンアートギャラリーに行ってきました。 小規模でしたが、かなり堪能!! ギャスパー・クラウス「序破急」のCDとLPの見開きの原画もあり、複製画も販売してた。 夢の中とか身に覚えのあるような光景があったり、エッシャーの世界だった…

ラジオドラマ化、アニメ化、実写化。

「バナナフィッシュ」のアニメ化が決まったからなのか、ラジオドラマの再放送やってた。 聞き逃し配信様々。 http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/index.html 「海街ダイアリー」実写版は、雰囲気はあったし姉妹はもちろん4人とも凄く可愛かったけど、原作へ…

弧狼の血

観てきました。 すごく痛そうなシーンは目を瞑りましたが面白かった!キャストが良いと安心して見れますね。 監督は白石 和彌監督。松坂桃李くんは「彼女はその名を知らない鳥たち」も良いクズ役だったし、今回も良かったな。クズじゃないけど。続編は主演ら…

成長するウグイス。

実家で木を切っているとき、森の中でウグイスが上手に鳴いていたので、ウグイスがお正月頃に比べてずいぶん鳴くのが上手くなってて可愛かった、と友人に話したら、それはとても興味深い話だ、と言われた。 考えてみれば、都会にずっと住んでたらウグイスが最…

侵食植物。

藤の花はきれいだけど、他の木によじ登って絡まり、ぐるぐると巻き付き覆い被さってくる。怖い。 ニセアカシアは花も咲くし食用にする地方もあるみたいだけど毒を持ってるしゾンビのように強くて増えるし周囲の草木に悪影響ありすぎ。 「要注意外来生物リス…

マカロニほうれん荘展@Animanga Zingaro

マカロニほうれん荘展@Animanga Zingaroに行ってきました!!! すごいものを見てしまった。 修正のホワイト跡のひとつも無くスクリーントーンも使ってない、恐ろしい程完璧なクオリティの作品といえる原稿ばかり。 当時のこんな貴重な原稿を今になって見る…

ヒデキ、感激。

BSフジで西城秀樹の追悼番組として「ザ・スター・リバイバル」の再放送をやってたので見てみたら、全盛期のヒデキがめっちゃカッコ良くてびっくりした。 歌うま!!スタイルすごい!!足長い!! そしてとにかくパフォーマンスがドラマチック!! 曲もドラマ…

JAZZ LIVE、学生気分、杉花粉。

先日、新宿Somedayに行ってきました。 ウッドベースにピアノ、AS、ドラムのカルテット。スタンダードナンバー中心の、色っぽいカッコ良いライブでした。もっともっと聞きたかった。 ライブのあと先輩たちと合流し、学生御用達的なお店の閉店間際に駆け込み、…

「聲明コンサート ~ 仏教音楽の世界」@エコルマホール。

「聲明コンサート ~ 仏教音楽の世界」@エコルマホールに行ってきました。 一部は聲明の解説、二部が聲明で客席の一番後ろに大日如来様の掛け軸を掲げて、そこに向けて唱える形でのコンサートでした。 以下、演目と解説を頂いたので一部メモ。 ◆吹螺三声(ス…

距離感。

蝶と蛾の区分は万国共通ではなく、フランス語やドイツ語など同一の単語を使う言語もある。 蝶が魂を象徴し死を暗示する、というような図像上の役割も、時代と場所により異なるらしい。 虫を飼育したり、子供が虫かごとアミを持って夏休みに走り回る光景は、…

遠ざけたいもの。

似非科学、ネットワークビジネス、宗教、フードファディズム、警戒してるものは色々ありまして、最近聞いたのはメインがアロマオイルだって。 アロマオイルは日常的に使ってるけど、そんなメーカーもあるんだな。 今回も私自身ではなくて、友人の話です。 信…