嫌な音

フィギュアスケートのシーズンが来てグランプリシリーズも楽しみにしてたんだけど、テレビでせっかくの日本人選手たちの快進撃も素直に楽しめなかったのは、スケート靴がスケーティングの際に氷を削る音のせい。


わざわざ氷の中から直に音を拾って、それをテレビ音声にたっぷり混ぜて放映するってどういう趣味なんだろう?


どうしても氷上の戦いの臨場感を音で演出したいというのなら、せめて地上から拾ってよって感じ。自然に聞こえてくる音ならまだ気にならないと思うけど。


なんで氷に聴診器つけたような音をずっと聞かされながら見なきゃならないんだか。
音声下げても最後まで目立って聞こえてくるから気になって仕方なかった。


今後この演出が当たり前になるんなら、フィギュアスケートは無音でしか見れなくなっちゃう。
みんな平気なのかなあ〜あの音。嫌だなあ。

広告を非表示にする