読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

姉ちゃんの詩集

姉ちゃんの詩集 (MouRa)

姉ちゃんの詩集 (MouRa)


出てたんですね、姉ちゃんの詩集!
カジ速で「姉ちゃんの自作の詩集発見した」の存在に気付いてから、弟ルイーゼの勇気ある一見無茶な行動にドキドキしながらも、子供の感性の煌めきに溢れたこの姉弟のファンでした。
彼女の詩集の発売は公表当時から熱望されていたものの、弟が勝手に持ち出して晒していたものだし、最後は弟がネットに晒していたことは伏せたまま姉ちゃんにノートを返して、謝って、めでたしめでたし。それで終わったんだと思ってた。
だから本屋さんで見つけた時は驚いた!なんか嬉しくなっちゃいました。


ただ、スレッドの臨場感、一体感はここにはありません。
弟ルイーゼの「姉ちゃんの詩」や家の様子の書き込みのひとつひとつと住民たちの反応が、すごい勢いみたいなものを生み出していてそれがめっちゃくちゃ面白かったので、この本ではそれが無くてちょっと残念です。


書籍化されたこの本には、サマー本人のエッセイや童話も載っていて、あとがきはサマーの母ロッテが書いてます。
まさかの母や本人の登場は嬉しいけど、弟ルイーゼは何故かなんにも書いてない。彼が居なければあの盛り上がりも存在しなかっただろうに。




まあそれでもこの本が、笑えて、時々うるっとしたり、はっとさせられる、リアルで可愛い珠玉のドキュメンタリー詩集であることに違いはないのです。


大事にしよ。