分かる人にだけ分かること

落ち着いたみたいなので、ぼちぼち何か書きます。


あの日、あの文章とネタが被ってしまったことについて。
あのジョークが、現在は古本でしか手に入らない『ポケット・ジョーク』(角川文庫)あたりから拾ってきていたものだったら、ものすごく気持ちが悪い、と思ったかもしれません。
でも今回はネタ自体が両方有名なネタですし、同じ事を考えた人は沢山居たと思います。
それに、私のあのブログと、あの文章とは、主旨が全く違うのです。
書いた人にしか分からないことに何も言いようがないのですが、私自身は「こんな偶然ってあるんだね・・・・・・今更だけど」と思ったくらいです。


過去に一度だけ、ずるいよ、と思ったことがあります。
ある記者さんが参加しているメーリングリストに入っていて、「こういうネタ探してます」というメールが来たので、私が書けることを書いて、返信して、そのあと記事を見たら、思ったよりずいぶん「そのまま」だったのです。
その人のために書いたとはいえ・・・。
お礼のメールを頂きましたが、モヤモヤしました。
もうそのメーリングリストからは抜けたし、今更どうでもいいことですけどね。


新聞のコラムを担当することの責任の重さに比べたら、何をどう書くのも自由な一般人(私)は気楽なものです。
これからもあまり気にせずに、気の向くままに書くことにします。


あのブログを読んで不快に思われた方にはお詫び申し上げます。
お騒がせしました。