ルドン展

「ルドンの黒ー眼をとじると見えてくる異形の友人たちー@Bunkamuraザ?ミュージアム」観てきました。
あまりにも暑すぎるので、少し涼しくなりたいと願いつつ、Nahちゃんと。


「あらゆる色の中で一番本質的な」黒を使って描かれた幻想的な世界は、黒を強調されてはいたけれど、描かれているものが黒い色である、というよりも、モノクロ写真を見ているような感じで、非現実を表現するための黒なのかな、なんて思いました。


異形の怪物たちや気のふれた人の表情は不気味ではあったけれど、みんな悪いものを呼び寄せるような邪悪さはなく、何だか可愛くて、ゆっくり、ゆっくりと動いているような雰囲気。



何枚かカラーの絵もあり、実はこっちの方がすごく好きでした。
優しくて、静かで、美しかったです。



怖くて涼しくなれるかと思ったけど、実際には絵よりも冷房の方が寒かった。表に出てほっとしました。
ちと意味は違うけど、まあいっかw