読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実逃避の幸せ

今までこんな目にあったこと無いんですけど!


というのは、今住んでるマンションに火災報知器が導入されるとのことで、今度の連休中に、不在でも、管理人立ち会いのもと作業させていただきますのでご了承ください、という内容の通達が来たこと。


そんなことが行われて良いんだろうか。信じられません。


その連休は、私は3日間とも外出していてずっと不在…ということは、留守中に、管理人立ち会いとはいえ、管理人含めよく知らない男の人たちが部屋にドカドカ入ってくるということです。


でもでも。
でも。
すごく嫌だけど、ヘタに「不在なので困ります」なんて言って、「帰って来ないんだな」と思われるのもすごく嫌だし。
なんとか、「いつでも帰ってきそうな雰囲気」にしておくしかないのか・・・


引き出しとかトイレに目張りしちゃおうかとか、テレビつけっぱなしにしとこうかなとか、「防犯ビデオ作動中」って紙でも貼っとこうかとか、30分おきにアラーム鳴らしちゃおうかなとか、グルグルと考えていたら、降りるはずの駅で降り損ねてしまいました。


仕方なくタクシーに乗ったら、運転手さんが
「寒くなりましたよね。こんな時は熱燗で一杯やったら良いですよね。焼き魚なんか肴に、キュッと一杯。あったまりますよね。ああ、朝なんて布団から出たくなきゃ出なきゃ良いんですよ」なんて言うもんだから、ついうっとりして「じゃあそうします」なんて言っちゃいました。
あ、「そうする」のは熱燗のとこだけね。


運転手さんも「なんなら僕もいま仕事上がれますよ」なんて言って飲みたそうだったけど乗っかるはずもなく、気分変わったよありがとう、とだけ言って車を降り、今、日本酒をぬるめの燗にして、一杯やっているところです。
本当にほっとします。ああ、日本人でよかった。


不在中の客人については………
また明日考えようっと。ふう。