読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹海、潜入。

青木が原樹海に行ってきました。






というか、全然知らずに氷穴でも見るか、という話になり、そのまま、あ、ここから風穴に行けるんだね、という感じで行ってみたらそこが樹海だった、という行き当たりばったりの偶然で足を踏み入れてしまいました。





歩道は辛うじて歩けるようになってるけど、歩道以外は、とても歩けるような状態ではありません。





木が生い茂って日の光も届かず、入口付近で聞こえていた鳥の声も無く、虫も居ない。




ただあるのは、ごつごつした地面に無理矢理生えているような木々と、苔と、毒キノコが少しだけ。





風の音と、自分たちの気配。




広大な自然を前にしたときに感じるような、神聖な何かが宿っている感じは全然無く、かといってこれ以上前に進めないほどの危機感も無い。





ただ、ここに長く留まってはいけないということと、歩道からは一歩も外れちゃいけない、ということだけは確信めいたものがありました。




15分位歩いたところでしょうか。
唐突に、青木ヶ原樹海の看板が立っていました。





それを見て、やっと、やっぱりそこが樹海だったんだということを確認しました。
知らないで写真撮ってたけど、何事も無くてよかった・・・




さらに歩いて、ようやく外の気配。
出口近くに、有名な「命は親から頂いた大切なもの」云々の看板が立っていました。






ああ、怖かった。




ちなみに風穴も氷穴も、暗くて、狭くて、すごく寒くて怖かったです。





もう近付きたくないな。
まあ話のタネに、ということで。