極大前夜

月の無い快晴の夜空の下、姪っ子と二人で降るような星空を見上げていたら、北斗七星の側からゆっくり、ゆっくりと流れ落ちる隕石のような星が出現した。
私たちは、その星を見守っていた。
その星は燃えながら流れ落ちてきて、激しく瞬きながらゆっくり視界から消えていった。

流星群極大の前夜のこと。
姪と二人、とても大事な話をしている最中に、見たことの無いような流れ星を見た。

思い出深い夜になりました。


https://matome.naver.jp/m/odai/2148337533996812301