「主戦場」見てきた。(追記有)

映画「主戦場」見てきました。


f:id:SABA:20190730181637j:plain


f:id:SABA:20190730181653j:plain


相変わらずあんまり前情報は仕入れずに見たところ、思い切り「反日プロパガンダ映画」で結構びっくりしました。


私に見てと言ってきた上の姉によると、まだ見る前だったらしく「今後どうなるか分からないから見ておかないと」ということだったそうで。まあ確かに。確かに。


「証拠がないこと」が証明にはならないし「一貫性の無い証言があること」も証明にならないのです。
「真実」がお互いの目的であればもうちょっと何とかなるように思うけど、そちらの目的が別のところにあるから気持ち悪い事になってる感じ。こっちもお隣もどちらも相当に気持ち悪いのはそういう風に作られてるからなのかな。


偏向的ではあるけど知っておいた方が良いです。
こういう映画が作られて上映されている、ということを。
その裏にあるものの存在を。
真実がどこにあるのかをどうか冷静に。
宗教みたいになってるからなかなか難しそうですが。


怖いからこの辺にしとこうか。


























追記。


そういえば主戦場見てきたよ、と10年以上イギリスで貿易の仕事に携わっていた海外事情に詳しい友人に話したら、うそ、何で見たの!?と激しい反応があり、ヨーロッパでこの映画を真実(隣国が正しい)と信じる人が大勢居て大騒ぎになってるんだそうだ。


信じられる要素がどこにあったのだろう。
見ているときはなるべく中立にいるよう心掛けていたつもりだけど、それでもその言い分を押し通すのムリだろーと思いましたが。彼らの目的は真実の追求ではなく日本への攻撃なんだなと改めて認識し、信憑性は薄いと思いましたが。 


相当酷いことをしてきた日本側の懺悔的な証言だって沢山出ているから、酷すぎて知りたくなかったようなことでも分かってきた事が沢山ある。でも、分かった以上は知っておかなくちゃいけないことだとも思う。
真実を受け止める覚悟は必要だけど、言い続ければ捏造も本当になる、という前例は作るべきじゃないので、日本は粛々と真実の追求をお願いします。