「ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」@東京都美術館。

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」@東京都美術館に行ってきました。


f:id:SABA:20211011210832j:plain

f:id:SABA:20211011210935j:plain


今回は16年前にも感動した、チラシにもなっている「夜のプロヴァンスの田舎道」の糸杉が見たくてとにかくその為に行ったのですが、美術収集家のヘレーネのコレクションからミレー、ルノワール、ルドン、ラトゥール等々の良い絵も来ていてこちらもすごく良かった!


ルノワールの描く女性の肌。
ルドンの人でないモノの悲しみへの優しい眼差し。
ラトゥールの静物の上品な繊細さ。
ヨハン・トルン・プリッカーの「花嫁」。等々。花嫁、何だろう。ちょっと怖いけど何だか見てしまった。


美しさというより、心に何か残るものが多い。
そして、悲しみや苦しみが表現されたそこに同時に癒しもあって。


ゴッホも苦悩したり泣いたり絶望的な絵も多いけど、どこか癒しがあると思う。
それは晩年の絵も。


星月夜を思わせる空に、うねりながら伸びてゆく糸杉の絵からは、本物を見ないと伝わらない何かが伝わってきて涙が出てしまう。


16年振りの再会、嬉しかったです。他の絵も良かった。糸杉、ほんと好き。